GEX ビュアブラックという底砂

初めてアクアリウムに手を出して
底砂ってなに?って状態で何が良いのかもわからん状態で
たまたまアマゾンで見つけてたまたま買ったもの
ちょっと洗っうだけで本番投入していよいと説明書に書いてあったが
数時間たっても黒の濁りは取れなかった
DSCF9099

結局ろ過を回し始めて1週間しても取れなかったので
水交換を何度かして透明になった(当たり前だろ!)
とにかく水ができないことには生体を投入する訳にはいかない。
ちなみにこのピュアブラックは見た目重視で水草用には向かない
1粒1粒が軽いのでオモリを巻かないと速攻で水草たちが浮かんで水面に浮かぶこととなる
DSCF9101コケ防止の効果は最初の数ヶ月と考えるのが妥当だ
何故なら私はこの写真と撮ってから現在までの3年間、ずっとこの底砂を使っている
しっかりと掃除さえこまめにすれば綺麗な水槽である。
しかし3年は使いすぎだろ!しかし生体が調子良さそうにしているから
バランスを崩す訳にはいかない
現在の水槽 ↓

ネオンテトラ プラティ オトシン ネオンドワーフグラミー ヤマトヌマエビ グッピー
映ってないけど1匹狼のトーマシー 底砂も黒でよかったと思っています。光加減ではダイヤモンドのようにキラキラ見えます。
高級感は有りますね。糞も目立たないのでオススメの底砂です。

[amazonjs asin=”B0043AXHYE” locale=”JP” title=”ジェックス ピュアブラック 8L”]

関連記事

ピックアップ記事

瀬野八で珍しい朱色の機関車

瀬野八は機関車天国であるのは知られていますが EF210の300番の投入により出番が減りEF67に巡り会える確率は極めて低いのである。 …

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • 稲沢機関区に向かう途中でEF210が!

    久々に稲沢機関区に散歩がてら向かっていたら 後ろからいきなりEF210がきたも…

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る