下町を歩いていても タンクファイル#4

私はむやみに時間のあるとき下町を歩くのが好きだ
それは古き良き昭和の時代を肌で感じることが出来るからだ
そんな最中、上方から何やら視線を感じたのである
私は日差しを手で遮りながら顔を上にやった
タンクである
古き良き昭和の城下町を古びたタンクが見下ろしているのである
高架水槽はもはや現代建築では消えつつあるものである
皆さん、是非上を向いて歩こうではないか。
古き良き昭和の町並み

関連記事

ピックアップ記事

俺とサメとの出会い

あれは数年前のこと 俺が富士駅の線路沿いを歩いていた時に後ろからものすごい音がしたんだ 私は驚きながらおもむろに振り向いた ヤツを見た…

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • 稲沢機関区に向かう途中でEF210が!

    久々に稲沢機関区に散歩がてら向かっていたら 後ろからいきなりEF210がきたも…

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る