北海道のディーゼル達

北海道の冬季は特に厳しい寒さと雪で酷使された貨物車のボディを拝むのが醍醐味であると思う。厳しい環境の中を疾走する姿は圧巻の一言だ。
一昔前までは寝台列車を牽引していたDD51-114
釧路湿原ノロッコ号専用色となって活躍している1660号機

釧路湿原 (自然ガイド)

釧路湿原 (自然ガイド)

杉沢 拓男
1,540円(10/27 21:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

ピックアップ記事

瀬野八で珍しい朱色の機関車

瀬野八は機関車天国であるのは知られていますが EF210の300番の投入により出番が減りEF67に巡り会える確率は極めて低いのである。 …

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

  • 稲沢機関区に向かう途中でEF210が!

    久々に稲沢機関区に散歩がてら向かっていたら 後ろからいきなりEF210がきたも…

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る