朝靄の中のEF66

朝方はだいぶ冷え込むようになった10月初旬
私は柏原駅から徒歩10分かからぬ場所で貨物を狙う
田畑が寂しく映る季節である
真ん中に位置しているのは伊吹山である
IMG_9225カタタトト、、、
貨物の音が遠方から聞こえてくる
音が聞こえてからしばらく経てども電車は現れない
よほど風通しが良いのだろう
今か今かとズームで様子を見る
そう、奴らはここから登って姿を表すのである
IMG_9271ガゴゴン!
現れたのは今はなきワム車!
そして俺の好きなサメ!うほ!サメ!
闇雲に連写する私
IMG_9260IMG_9263カタタトトトト
引っ張られるがままの動力系を持たぬワム車の音が田園に響き渡る
EF66100番台、、、圧倒的なパワーが音で感じ取ることができる
そして登坂をクリアしたEF66はロスした時間を取り戻すかのごとく
猛スピードで朝靄の中に消えていったのである
IMG_9268東海道本線 柏原駅 すぐだ

関連記事

ピックアップ記事

瀬野八で珍しい朱色の機関車

瀬野八は機関車天国であるのは知られていますが EF210の300番の投入により出番が減りEF67に巡り会える確率は極めて低いのである。 …

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • 三河大塚 EF210-173

    三河大塚にて激写!相当前の素材ですが、この日は暑かったという記憶しかない。使用機…

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る