近江長岡でEF210-126を激写

数年前までよく足を運んだ近江長岡
静けさの中で山間から現れる鉄道の姿は独特の雰囲気を醸し出している。
走行音が遠くから聞こえる。。。
来たぞーーーーー!
さすが新型だ。登坂をものともしないその走行音は
圧巻の一言だ!
ずごごごごごごご
残念なことにほとんどピンぼけ!
Nikon70Dに付けられた手ブレ補正のない安価な300mm
山と山に走行音が跳ね返りけたたましいまでの走行音が耳をつんざく。
悲しいまでに電線が被るショットの嵐。
ポジション取りがまだまだ甘い若き日のスナップであった。

関連記事

ピックアップ記事

瀬野八で珍しい朱色の機関車

瀬野八は機関車天国であるのは知られていますが EF210の300番の投入により出番が減りEF67に巡り会える確率は極めて低いのである。 …

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

  • トワイライトエキスプレス 日本海

    福井県のどこか忘れたけど最後に撮った貴重なトワイライトエキスプレスである。 …

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る