今はなきEF200-3を激写

EF200-3

長玉で撮る電車って実に画になる。
微妙に見切れている後ろの街がそれを助長する。
三河三谷辺りは結構な登り坂で
しんどそうな音を立ててやってくるわけだが
なんせ最強の名を語るEF200
他に類を見ないくらい余裕で登ってくるのである。
ガトトトトトト!
凄まじい速度で通過するEF200-3
現在は全て廃車となり解体されているらしく
貴重な一枚となった。今となっては
もっとEF200を撮りに出かければよかったと後悔している。。
EF200が通過するならコイツももちろん通過する
ついでに同じ場所を通過した在来線313系5000番!↓
貨物と違い軽さが音に現れていた。
でも街を背に走る在来線も画になる。

関連記事

ピックアップ記事

瀬野八で珍しい朱色の機関車

瀬野八は機関車天国であるのは知られていますが EF210の300番の投入により出番が減りEF67に巡り会える確率は極めて低いのである。 …

人気急上昇サイト

おすすめ記事

  • 稲沢機関区に向かう途中でEF210が!

    久々に稲沢機関区に散歩がてら向かっていたら 後ろからいきなりEF210がきたも…

  • 三河塩津 その2

    同じアングルから同じ形式の機関車を撮っても同じ写真に見えるだけですね。 夕…

  • DD51 1805

    もう解体されてこの世にはいないのかな。古き良き昭和の日本を牽引してくれたDD51…

他の鉄道ブログを読みます?

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ

ページ上部へ戻る