クリスマスツリーのハロゲンランプ交換

最近のLEDツリーと比べると若干電気を食うが断然ファイバーツリーのほうが美しいでしょう。電気を食うと言っても20w程だ。LEDはライトそのものが光るがファイバーツリーは根本にあるライトがグラスファイバーを通過するから美しいのだ。さてこの季節、根本から照らしているそのハロゲンランプが切れて点灯しなくて寂しいツリーの状態でクリスマスを迎えるお家があるのではないでしょうか?何せ換えのランプの形状が大規模なホームセンターでも売っていないことが多いからだ。これはもうamazonに頼るしかないのだが、罠がある。形状だけ見て同じものを注文すると形は同じだが大きさが違うものが届いて結果的に装着できずに泣き寝入りというパターン。皆さん、ツリーの説明書は必ず取っておきましょう。大抵のハロゲンランプはMR16だと思ってよいだろう。
DSCF2322一般的にツリー用として使われているのがこのタイプだ。
かと言って色いろなツリーがあると思うので、この記事を鵜呑みにしないで欲しいのだが
似た形状でMR11という形状の罠があるから気をつけて欲しい。MR16 12V 20W GU5.3
自分のツリーの切れたランプにも書いてあると思うのでチェックして欲しい
DSCF2324ちなみに前面ガラスがあるのと無いのがあるようだが
ある方が周りのカラーセロファンなどの色が抜けにくいなどの効果が有るようだ
やはりココが一番安く買える

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

姫新線 キハ127 トンネル鉄橋

珍しく遠くに来た。姫路である。ここまでくると姫新線というJR西日本の鉄道路線がある。そこで撮影した乙な光景をご紹介。 揖保川にまたがる鉄橋…

テトラマニア

  • そうだ テトラを見に行こう

人気急上昇サイト

参加ブログ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。